Youtubeでガジェット情報発信中!!

保有株の状況(2021年1月14日時点) 前日比−11,360円とサラリーマンの確定拠出年金について

保有株は前日比-11,360円、評価益は+68,990円となりました。

序盤はアルテリアネットワークスが+50円以上と上昇基調でしたが、午後になるにつれ下落。
利益確定売りでしょうか。

とはいえこのような調整相場はよくあることなので引き続き握力強めでいきます。
今時点ではどれくらいの評価益になれば売るかは決めていませんが、2月の決算発表内容次第かなと考えています。

話はかわりますが毎月積み立てしている確定拠出年金の含み益が20万円を超え、利回りは20%以上になっています。チリツモとはこのことですね。

制度上、定年退職後にしか現金化できない超長期の投資ですが、プラスになっているだけでほっとします。

私の勤める会社の確定拠出年金は会社が拠出するものに加え、自己負担で追加拠出できるものもあります。
追加拠出分は所得税・住民税の控除対象となり、かなりお得な制度です。

簡単にいうと自己負担の拠出額が毎月1万円だとすると、年間拠出額は12万円。年収を仮に600万円とすると12万円に対しての税金は住民税10%・所得税は20%の合計30%。つまり12万円✖︎30%=約3.6万円の税金を納めなくてよくなります。

しかしながら同僚と話をしていると追加拠出をしていない人が少なくありません。

理由は「制度がよくわからない・そもそもやり方も知らない」という理由でしたが、詳しく説明するとその場で追加拠出の手続きをすることになりました。笑

この「よくわからない」という状況が最も厄介で、放置しても死ぬことはないですが、損することは大いにあります。

自身も疑問に思ったことはスルーせずに調べ・咀嚼して理解し、自分のものにするということ肝に銘じたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる