Youtubeでガジェット情報発信中!!

【2021年4月】30代・3人家族・大阪住まいのサラリーマンの家計簿公開

タツオ

どうも、タツオです。
大阪に住む3人家族、サラリーマン家庭のリアルな家計簿を公開しています!

今回は2021年4月(3月19日〜4月19日)家計簿になります。

なお先月の家計簿は以下になります。

目次

タツオ家の基本情報

家計簿は家計管理の考え方や家族構成、住む地域、年収などによって大きく異なります。そのため、毎度のことですがタツオ家の基本情報について紹介いたします。

タツオ家の基本情報
  • 家族構成:私・妻・息子(2歳)の3人家族
  • 妻は専業主婦の一馬力
  • 私(タツオ):IT企業勤務 年収約700万円 (手取り月々35万円前後、ボーナス120万円)
  • 大阪市外の賃貸マンション(2LDK)暮らし(家賃79,000円)
  • 総資産額:約2,000万円(2021年1月時点)
  • 軽自動車と大型バイクの2台体制(どちらもローンなし)

また、わが家の家計管理の方針・家計簿作成手順などは以下の記事にしていますので、ご覧いただけると幸いです。

収入

4月の収入は合計で40.8万円となりました。内訳は以下になります。※手取り、100円以下は切捨て

  • 夫:37.3万円(住民税・所得税・社会保険料を天引きした手取り、家賃補助3.4万円含む)
  • 妻:2.0万円(育休中の会社からの支援金)
  • 息子:1.5万円(児童手当)

わが家は現在、妻が育休中のため、タツオの1馬力家庭です。月々の手取りはおおよそ手取りで35万円前後(家賃補助3.4万円を含む)です。

今月は私の残業が26時間となり、先月より給与が増えています。

タツオ

5月に大きなプロジェクトの完了間近ではいろんな部署からの無茶振りがひどく、残業時間が増えました。。。

なんのためにPMP(プロジェクト管理系の資格)持ってんだよ、ちゃんとマネジメントしろ。

支出

4月期の支出は毎月の支出(固定費・変動費)が約36.6万円、特別費が約1.0万円の合計が約37.6万円となりました。

今月はふるさと納税に関する特別費を計上しています。

固定費

固定費は基本的に変動することはありませんが、今月から2歳の息子のならし保育費として1.5万円を計上しています。(翌月からは8,000円)

ちなみに慣らし保育とは、保育園にいきなり1日中預けることになると子供が環境変化についていけず戸惑うことになるので、少しずつ慣らしていこうというプログラムのことです。

タツオ

息子にはいろんな人・環境に触れて様々な経験をして欲しいとの思いから、ならし保育に行っています。

また、会社から天引きされていた財形貯蓄の一部を投資に回すため、先取り貯金が一時的に−1.5万円になっています。(翌月からはさらに先取り貯蓄を増額予定)

固定費項目費用前月からの増減
住宅費7.9万円
駐車場代1.1万円
水道代(固定)0.4万円
通信費(光回線・スマホ)0.5万円
奨学金1.3万円
保育園1.5万円+1.5万円
お小遣い(夫:3万円 妻:2万円)5.0万円
保険料0.9万円
先取り貯金5.0万円-1.5万円
合計22.1万円±0万円
固定費

変動費

変動費については毎月の予算をあらかじめ設定し、管理しています。

項目実績(万円)予算
(万円)
評価おもな振り返り
食費6.16.0会計簿締め日直前に買いだめをしたため、予算オーバー。
光熱費1.31.4寒い日にはテレワーク中にエアコンを使ったため、前月から増加したものの目標は達成
日用品1.31.3特になし
教養・教育0.30.5特になし
娯楽1,01.0特になし
衣服・美容1.51.5子供の春用衣服を主に購入
健康・医療2.40.5夫の歯医者の治療費や妻の体調不良による通院などにより予算オーバー
交通費0.20.5特になし
ガソリン0.40.5特になし
交際費00.5特になし
合計14.513.7医療費の想定外の出費がかさみ予算オーバー
2021年4月期の変動費

3月期の変動費は医療費が嵩んだ結果、予算オーバーとなってしまいました。

しかしながら医療費をケチるという選択肢はありませんので、特段反省点もありません。

私の歯の治療も定期検診の中で、大昔に治療した部分の虫歯が再発しているのがわかり、早期に治療することができ、神経などを抜かなくて済んだので歯の定期検診はとても重要だと思いました。

また、食費も予算オーバーしていますが、家計簿締め日直前に買いだめをしたことにより、翌月分の食費が一部計上されているだけですので、実質予算内でのやりくりはできていますので問題視していません。

タツオ

予算オーバーしたときも慌てずに理由を分析できるようにしておくことが大切だと思います。

3月の収支結果(固定費・変動費)

2月の固定費・変動費に関するまとめになります。

収入(40.8万円)−支出(36.6万円)=4.2万円となり、先取り貯金(3.5万円)と合わせると4月期は約7.7万円の貯蓄ができました。

また、2021年における累計貯蓄額は53.6万円となり、年間目標貯金額160万円に対して進捗率は34%になっています。

2021年の貯蓄額
1月10.0万円
2月11.9万円
3月12.1万円
4月7.7万円
累計53.6万円(目標160万円に対して進捗率34%)
4月時点での2021年貯蓄額

今月もまあまあやな

タツオ

ありがとうございますぅ!

引き続きこのペースで年間貯金目標額の160万円まで頑張りたいと思います。

なお、本家計簿の貯金額については投資に回している関係上、現金ではなく株や投資信託へ回していますので、資産評価額とはズレてきますのでご了承ください。

特別費

4月の特別費は約1.0万円です。

特別費を通常の固定費・変動費と分けている理由は以下の記事に記載していますので、よかったらご参照ください。簡単にいうと特別費については毎月の家計管理とは別に年間予算(53万円)の中でやりくりしています。

今月の特別費のおもな支出理由は以下になります。

  • ふるさと納税:1.0万円

ふるさと納税とは簡単にいうと、寄付した金額のおよそ3割程度の返礼品を受け取ることができる制度です。なお、寄付した金額に対して2,000円を超える部分については所得税の還付、および住民税の控除を受けることができます。

ただし、年収等の条件によって還付・控除される金額がことなりますので、ふるさと納税サイトでシミュレーションしてみることをお勧めします。

タツオ

私から言わせると、この制度にも我々の血税が注ぎ込まれているので、ふるさと納税を活用して、納めた税金を回収しているという感覚です。

偉そうなこと言ってないで働け

ちなみに購入したのは福岡県飯塚市の鉄板ハンバーグです。とてもジューシーで美味しく簡単に食べられるので重宝しています。

まとめ

4月期収支(固定費・変動費)は+7.7万円、特別支出は1.0万円(残り37万円)となりました。今のところ順調です。

以上、4月家計簿でした。ご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる